録音機材

※ 下記のほか、ブログの録音機材のページで、試用中の機材をご紹介しております。

KORG MR-1(録音機)

いまメインで使っている録音機です。少し前にこれを持って都電の録音に出かけて、現地でヘッドホンで録音結果を聞き直したとき、警報機の音がヘッドホンから流れたのですが、それが録音の音なのか現実の音なのか区別がつかずとても慌てたことがあります。それから【秋缶6】の ■音声1ではMR-1とNT4の良さが活きたんじゃないかなと思います。

RODE NT4(ワンポイントステレオコンデンサーマイク)

SONY ECM-979 で収録した【夏缶3】の ■音声1 と比べると、このマイクで収録した【秋缶6】の ■音声1の方が素直な音で、マイク自体の雑音も非常に少ないです。雑音が目立たなかったのは、多くの虫の声に助けられたという面もありますが、遠ざかる上り列車がはっきり収録出来てること、列車と反対側の(右側の)チャンネルの静かさなど、NT4の実力に負うところが大きいと思います。

RYCOTE WJMNT4(RODE NT4用ウィンドジャマー)

NT4は風に吹かれるとすぐにボコボコという雑音が入り、野外ではウィンドジャマーがないと殆ど使えません。ただ先日別の低価格な製品WINDTECH MM18で試しましたが、使わないよりははるかにましですが、だからといって完璧でもなく、【夏缶5】の新幹線の録音(UP中止)でも途中で音が途切れたりしました。このNT4用のウィンドジャマーは【秋缶6】で初めて使いました。このときは全くの無風で、装着はしたものの、効果の程はわかりませんでした。扇風機を使った実験ではWINDTECH社のものより風の影響が軽かったですが、段違いというほどでもないです。実際の録音の場でどの程度の風までならOKなのか、今後ためしてみます。


追記(2007/12/30)

その後何回か風の中で録音してみた結果、NT4が特別風吹かれに弱い訳ではないと思うようになりました。NT4の出力が大きく、風に吹かれたときに録音機の入力部あたりで過大入力になっていたようです。今はマイクプリアンプ付きの小型ミキサーを通してレベル合わせをしてまして、風の影響は SONY ECM-979 のときと大差ない感じです。もちろん、風の影響の軽減にウィンドジャマーが必要だという点は変わりありません。

BEHRINGER XENYX802(マイクプリアンプ付きの小型ミキサー)

(注:実はこの製品の1つ上位のXENYX1002だとローカットフィルタが付いてるらしいので、そっちにすればよかったかなと思ってます。)

NT4とMR-1の組み合わせで苦労したのは、HOSA XVM105Mを使ってNT4からMR-1(入力選択はMIC)へ直接つなぐと、録音対象のレベルが大きすぎるときに音が歪むことでした。レンタルスタジオでバンド練習を録音すると全体にディストーションがかかったようになります。そして野外録音のときには風にふかれるとすぐにクリップしてしまいます。それらはMR-1側のレベル調整では対応できませんでした。録音機の入力部あたりで飽和しちゃってるのかなと想像しています。そこでNT4からの信号を一度この小型ミキサーに入れて、CD/TAPEのOUTPUT(つまりLINEOUTですね)からMR-1(入力選択はLINE)に入れるようにしました。難点は100V電源を使うしかないことです。私は12Vのポータブル電源と、100Vへのコンバータ(自動車用品)を使ってますが、電源は重いしミキサーはセッティングに時間がかかるしでかなり面倒です。このミキサーからマイクプリアンプだけを取り出したような電池式の製品があると一番いいんですけどね。そんなわけで良い選択とは言えないんですが、他に良い方法も思いつかないので、しばらくこれで頑張ってみようと思います。(2008/03/30)


追記(2009/04/25)

先月、「このミキサーからマイクプリアンプだけを取り出したような電池式の製品」を見つけました。ART USB Dual Pre。パソコンにUSBで接続するオーディオインタフェースで、マイクプリアンプとしても使えます。いま、いろいろと試用している段階で、その経過をブログの録音機材のページでレポートしております。私なりの感想がまとまったら、このページでもご紹介したいと思います。